トップ

遺産相続は現金だけではない

親が亡くなって葬儀などのバタバタとした時間が過ぎて、やっとゆっくりと故人とのことを思い出しながら感慨に浸り始めた時に、初めて親が遺産を多く残していることに気づいたという方も多いかと思います。

現金だけでなく生前には気が付かなかった遺産が多く残っていることに初めて気がつき、相続に関してしっかりと考え始めたという方もいらっしゃるでしょう。相続問題を弁護士に相談するならこちら。

ひとくちに遺産と言っても、その内容には現金をはじめとして様々なものが含まれています。賃貸借権や貴金属類、さらに住んでいた家だけではなく所有していた土地に関しても、故人の大切な遺産のひとつとなっています。

さらに、意外と見落としがちなのが、株式や国債など、有価証券に関しても重要な遺産のひとつであるということです。有価証券は生前には持っているか否かすらよく分からない部分も多く、亡くなってから初めて多数の有価証券を所持していたことに気づくという方も多いのではないでしょうか。

また、プラスの遺産ばかりではなく、マイナスの遺産も残念ながら存在しています。故人の借金や債務、さらに損害賠償金などに関しても遺産としてカウントされますので、これらの処理に関しても頭を悩ませることになるでしょう。

遺産に関しては、相続開始から3ヶ月以上なんの対策も取らなかった場合には「単純承認」という手続きが自動的になされて、前述したマイナスの遺産などもすべて含めて一括して引き継がなければならなくなってしまいます。

すべてを引き継ぐことができない場合には、相続によって得た財産の中から可能な範囲で借金などを支払っていく「限定承認」の手続きをする必要があります。限定承認を行ってもらうためには、裁判所において申し立てをする必要がありますので、まずは弁護士などに相談してみると良いでしょう。